補聴器と集音器

補聴器?集音機?何を選べばいいの?

補聴器と集音器の違い、皆様ご存知でしょうか?
どちらも音を聴く為の製品で、一般的には見た目でも判断がつかないことがほとんどです。
しかし、補聴器と集音器は製品として大きく異なるものです。
そうした違いを理解したうえで、選ぶようにしましょう。

まず補聴器が集音器と決定的に違うのは「管理医療機器」だという点です。
管理医療機器とは、副作用や機器の機能に障害が生じた場合に、生命や健康に影響を与えるおそれがあり、
適切な管理が必要な医療機器のことを指します。
その中でも補聴器は医療品医療機器等法(旧薬事法)に基づくクラス2に分類されています。
そのため製造から販売まで様々な規制があり、厚生労働省の定める厳しい基準をクリアする必要があります。

製造では設計や仕様、工場の衛生環境や設備などに、様々な基準があります。
難聴に対して、機械で大きく音をいれた結果、かえって耳を傷めてしまうといったことはあってはなりません。管理医療機器の補聴器は基準の下安全に設計されており、必要以上の音圧が出ないようになっています。
また、ひとりひとり異なる聴力に合わせられるよう、細かな音の調整が出来ます。
また、万が一製品に不良が発覚した場合、速やかに対処できるようにシリアルナンバーで管理されています。
集音器はそうした基準が一切ないため、聴力に合わずかえってうるさく聴こえたり、
万が一使い方を誤ると耳を傷めたりするリスクも考えられます。

日本補聴器販売店協会では、補聴器の販売においては対面販売が基本とされております。
補聴器装用に向けての音作りに際しては、聴力の状態以外にも、使用される環境やお客様の反応など、
様々な要素が必要不可欠となるため、通信販売でそれらを行なうのは難しいためです。

また、補聴器は広告表現にも業界自主基準があります。
たとえば、万人に対して効能を保証する表現や使用体験談などは不適切とされています。
インターネットや新聞、通信販売などの広告で見かけるものは、補聴器ではなく集音器がほとんどです。
(集音器は管理医療機器でないため、広告に関する自主基準などもありません。)

また、補聴器と集音器では性能面でも大きな違いがあります。
主な項目を比較します。

比較項目 補聴器 集音器
個別の聴力への利得調整
(ひとりひとりへの音調整)
×
雑音抑制
(会話以外の音を抑える)
×
指向性マイク
(正面の音に照準を合わせる)
×
最大音圧出力抑制
(お耳を傷めない音に抑える)
×
価格 比較的高価
性能により大きく異なる
比較的安価

弊社ではお客様への安全性や製品満足度を考慮し、集音器は取り扱っておりません。
しかし、一概に補聴器だから全ての人に対して良い、集音器だから一概に悪いということではありません。
大切なのは正しい知識をつけて、違いを把握して、自分にとってどちらが良いのかしっかり判断することです。
補聴器と集音器の違いが一般的に浸透していない中で、商品選びをするのは難しいことです。
また、残念ながら紛らわしい表記を行なうなどの業者もゼロではありません。
迷ったときには、耳鼻科で受診をしてお医者さんに相談しましょう。

ページのトップへ戻る